家を売る場合に大事なこと|マンション売却で勝利を収めるノウハウ|作戦会議をしよう

家を売る場合に大事なこと

女性

地積などを正確に把握する

一戸建て住宅で暮らしている場合、自分の土地の面積を正確に把握していない例がかなりあります。特に親から受け継いだ家に暮らしているケースに多いのです。不動産売却をする時にはまず自分の所有する土地の地積を正確に知る必要があります。そのためには登記内容を調べることです。正確な地積や建物面積がわかったら、どのくらいの値段で売れるかを調べます。ネット上には不動産売却のための無料査定をしてくれるサイトがありますから、それを利用すると複数の不動産会社に査定してもらえます。短時間で、しかも無料で査定額がわかるのでとても便利です。複数社の査定額をみれば大体の売却値段が把握できますので、それから不動産売却を依頼することになります。

売却値段を決める時のコツ

ネットで最も高い査定額を提示してくれた不動産会社に依頼してもいいですし、自分で最寄りの不動産会社を探すこともできます。どちらに依頼するにしても、ネットの査定額と現物を見てから出てくる査定額には差があることを知っておくべきです。例えば築20年の家でもメンテナンスがきちんと行われていれば査定額は高くなりますし、その逆もあるのです。また不動産売却をする場合、急いでいるのかどうかも大事なことです。時間をかけてゆっくり売却相手を見つけたいのなら高めに値段を設定できます。しかし急いでいる場合は多少値段を下げた方が早く売れます。不動産会社のスタッフが査定する前に、家の周囲や内部を奇麗にしておくのは常識です。例え古い物件でも奇麗だと査定の時の印象がよくなります。